So-net無料ブログ作成
検索選択

病院の口コミサイト、批判は何故ダメ?敬語を使わない医師たち [病院の口コミサイト、批判は何故ダメ?敬語を使わな]

ネットでたまに見かける「ドクハラ」ですが、病院によっては受付や先生にひどい対応をされるところがあります。

知恵袋などでも、「産婦人科の受付がドライなのは激務のせい?」「初めて行く病院で医師に怒鳴られた」などがあり、患者としてはよく分からない対応をされることもありますよね。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________

医師に怒鳴られた人は、なぜ自分が怒鳴られたのか分からず説明を求めたそうです。

ですが「あのね、胃カメラで2時間も待ってる患者さんもいるの」「あなたはおかしいです。1時間待ってもらって」と言われ、何を話しても「わかりません」と言われて帰ってきたそうです。

そんなとき、ひどいことをされた!と口コミを書こうとすると、多くの口コミサイトでは「いいことだけ書いてください。誹謗中傷は書かないようにしましょう。口コミをチェックして、問題なければ記事に載せます」とあります。

実際に怒鳴られたのに、どうしてそのことを書いてはいけないのか?

病院に行く人は、ほとんどの人が具合が良くないから行きます。

不安や体調の変化もあり、悩んでいる人にする対応ではありません。

以前、TV番組で「医師は何故えらそうなのか?患者に敬語を使う医師はいる?」という番組を報道しました。

そのとき、カメラが回ってないと思った医師が患者さんに対し「今日もいつもの(薬)出しとくから。また来月」と対応していました。

しかしその後「敬語を使うか否か」ということを思い出したらしく、きちっと椅子に座りなおすと次の患者さんへ敬語を使って丁寧に話しだしたのです。

スタジオでは、医師は患者さんがあってのもの。患者さんに対してきちんと敬語を使うべきという流れでしたが、実際はそういう先生は少ないと思います。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________

私が働いていた個人病院は眼科で「信頼のおける病院」や「週刊朝日」に載せられていました。

手術件数は多くても、患者さんへの対応ははたから見ていても波があり、ひどかったです。

大人しそうな患者さんや、手土産、金品を渡さない患者さんとは眼も合わせませんし、院長から他の医師へカルテが回されます。

手土産を持って来たりする患者さんは院長行きです。

院長に質問しようとすると、機嫌がいいときは答えるのに、機嫌が悪いとぶっきらぼうになります。

高い年俸で求人を出すのに理由を付けて給料を減らしていくので、若い医師たちとトラブルになったり、すぐに辞めていってしまうのです。

トラブルを起こした医師は人気があったので、駅の反対側で病院を開き、院長はそのことでも文句を言っていました。


医師はえらくないです。

患者さんがいないと働けない職業です。

富山県高岡市の産婦人科病院の口コミサイトで「患者を人間と思わない」と書かれ、訴訟を起こそうとしたことがありました。

でも、感じ方は人それぞれです。

何故口コミサイトに嫌な対応をされたことを書いてはいけないのでしょうか。

本当のことを書かないと、またその病院にいった人が嫌な思いになるかもしれません。

食べログは、多少の嫌なことは書かれていますよね。
でも病院の口コミはだめなのです。

理由が分かりません。

表現の自由は病院には適用されないのか。

医師相手でも、ネット上に正直に思ったことが書ける日が来るといいですね。

そうすれば、自分がえらいと勘違いした医師がもっと減ると思います。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

先生と呼ばれて勘違いをしている医者が多々いますが、病院もサービス業だということを少しは認識してほしい。利益追求で患者を金づるとしか思っていない医者が多すぎます。
医師会などのホームページにコメントを書き込めるようにし、全国の病院・クリニックでのドクハラを医師会に厳しく取り締まってもらえれば、少しは減るのではないのでしょうか。

by お名前(必須) (2017-04-09 11:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。