So-net無料ブログ作成

美女と野獣の感想。実写化でエマの演技は? [美女と野獣 実写化 エマ 感想]

※記事の中でエマ・ワトソンのことをハーマイオニーと言っています。すみません。


とにかく、ハーマイオニーかわいすぎかの一言につきる!
特に野獣王子と散歩しているときのフードをかぶった時。
赤ずきんちゃんみたいでこの映画中最高に可愛い!
これから観に行く人は是非ハーマイオニーのフードと、ヘアスタイルに注目してほしい!
どの場面でも本当に可愛らしくて素敵!
_______________________
スポンサードリンク




________________________

そう言えばハーマイオニーもベルも、本が大好きすぎて口が達者で周りから避けられてますね。
エマは変人美人キャラが似合うのかな?


実写は元々のアニメ作品に似せてきてて、歌はもちろん村の人たちの動きを模倣しようとしてるな~というのがすごく伝わってきます。

ハーマイオニーも似せようとして生意気そうな顔をしたりしてるんだけど、元が可愛いのでベルには似てません。
ベルは美人系ですし。


あと、ガストンは実写化するにあたって原作以上に腹が立つ悪役になってる。
体が大きくて考えなしの癖に自分が周りに影響を持ってるのを知っているおバカさん。
本を読むベルと、発明家の父親をすごく下に見てるのが分かります。

もーガストン最後まで本当に卑怯だった!
野獣も最初はわがままで老婆を嘲笑するどうしようもない王子だけど!

そう考えるとベルって男運ないな。かわいそうに…。

____________________
スポンサードリンク




_____________________

映画鑑賞中、近くに小学生女子のグループがいました。
ちょこちょこ外に出ていたので子供にはやっぱり難しいのかも。
ドレスで踊るのも終盤だし、途中までベルはずっと動きやすい格好でそこまで可愛らしさを前面に出してないから。

でも、物語としてはよく出来ています。

大人が見たらちゃんと面白い映画です。

ベルと野獣王子の母の話、力を持つ人に従うだけで弱者をひどい目に合わせる村人たち、薔薇の花が一枚ずつはがれ朽ちる毎に自分たちの体が物になっていく恐怖におびえる燭台やピアノたち。

途中、ベルが父親を助けるために野獣王子の身を危険にさらすムカムカする場面は原作通りでしたが、野獣王子もワガママし放題でひどい奴だったので因果応報と考えればまぁスッキリです。


野獣王子は実写のほうが断然格好良かった。
アニメ映画はムキムキすぎてちょっと…野獣だったころの方が格好良かったから。

最後は記憶を取り戻して村人と人間に戻った燭台たちでおしまい。

やっぱり映画はハッピーエンドが観てて気持ちがいいですね。

それにしてもハーマイオニー本当に細くて可愛かったなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。