So-net無料ブログ作成
ドゥテルテ大統領、オーストラリアの宣教師強姦だけ ブログトップ

ドゥテルテ大統領、オーストラリアの宣教師強姦だけじゃない!フィリピンて怖い国? [ドゥテルテ大統領、オーストラリアの宣教師強姦だけ]

フィリピンのトランプと言われるドゥテルテ新大統領。

慰問に訪れたオーストラリア人の女性宣教師が人質となり、囚人に強姦され殺害された事件について「美人だった。市長を差し置いて先に強姦した。(殺害するなんて)もったいないことをした」と薄ら笑いを浮かべ話した事件は有名ですよね。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________
・処刑人、ドゥテルテ

ドゥテルテ大統領は、ダバオで市長をしていたとき「犯罪者は殺す」と公言し、実際に警察官が犯罪者を射殺することを奨励するという、極端なまでに強権的な政治を行っていました。

そのため「The Punisher(処刑人)」と呼ばれており、市内には自警団を配備させ、犯罪者を見つけると白昼堂々と射殺し去っていくという、法の支配を無視した行動をとっていました。

この「処刑」ドゥテルテ自身もマシンガンをもって参加していたそうです。
ドゥテルテ大統領は死刑制度を復活させて、10万人の犯罪者を処刑すると明言しています。


いまの平和な日本からすると、まるで小説を読んでいるかのように現実味がありません。


ですがいまフィリピンは貧富の差があり、政治不信と不安感が高まっています。

国内が不安定なときには、過激的なトップが好まれる。アメリカもいまそうですよね。

「大統領になれば、国民を不幸にする人間を皆殺しにする。人数は5万人、10万人に増え、(遺体の遺棄で)マニラ湾の魚は肥え太るだろう」
国旗にキスをするなど、愛国心ゆえの発言。

ドゥテルテ氏はなぜこんなに攻撃的なのか、フィリピンとはどんな国なのでしょう。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________

・フィリピンのスラム街では殺人や強盗が当たり前。

数が多すぎてニュースになんてなりません。
夜は強姦されるので、女性は外に出ません。怖いのは人だけでなく、犬もです。

昼間は寝ていて大人しくても、夜になると野獣となった犬が人を襲う。

もちろん狂犬病のワクチンなど打っていないために、噛まれた住人たちも命を落としています。


フィリピンに旅行したら現地の女性に逆恨みされて、警官に9000ドルで殺害を依頼、殺害された事件もあり、警察もあてになりません。

それどころか町中でビールを飲んでいると「違反」と言われ、2000ドル取られたという話もあるのです。


警察官が自ら悪事を働いているのですから、ドゥテルテ氏が暴力をもって犯罪者を処刑するのも、国民にとっては歓迎することなのです。


「国民はギャンブルに打って出た」と論表する新聞がありました。
今後、ドゥテルテ大統領のもとでフィリピンはどんな国になっていくのか。

少しでも治安がよくなり、海外からの旅行者が安全に帰ってくる国になるように祈っています。
_____________________
スポンサードリンク




_____________________

ドゥテルテ大統領、オーストラリアの宣教師強姦だけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。