So-net無料ブログ作成
検索選択
10代、男性の更年期障害?10個のチェックで調べ ブログトップ

10代、男性の更年期障害?10個のチェックで調べてみよう! [10代、男性の更年期障害?10個のチェックで調べ]

働き盛りの40代~を襲う更年期障害。
______________________
スポンサードリンク




______________________

今、中高年男性の6人に1人の割合で更年期相が起きているんです。

寝られない、めまい、突然の不安感、性欲の低下、集中力の低下などが起き、うつ病と間違われることが多いそうです。

ストレスなどで男性ホルモンが低下すると、記憶力や、意欲の低下性欲低下、骨粗しょう症、筋力の低下が起きます。

これはLOH症候群といって、男性に起きる更年期障害の特徴です。

放置すると、内臓脂肪が増えてきて筋肉量の低下が起こり、生活習慣病のリスクが増えます。

糖尿病や高脂血症、心筋梗塞、がんなど、明らかに死亡リスクが高くなるのです。

男性更年期障害と診断されたビートたけしは「ここ何年か、女の子に対する性的な欲求は一切ない」とのこと。

症状がひどいときには一日に三回も意見が変わり、仕事がしにくくなったそうです。

女性の更年期障害とはちがい、男性の更年期障害は待っていても回復しません。

重症の場合は医師との相談の上、男性ホルモンを注射で補充する治療が必要となります。

予防としては、睡眠不足や大量の飲酒を避け、軽い筋肉トレーニングを日課とすること。
______________________
スポンサードリンク




______________________

10代でも同じような症状が増えてきています。

若年性更年期障害です。

ストレスや、過度のダイエットや喫煙によりホルモンの乱れが起こります。

若年性の場合心配なのは、妊娠しにくくなったり、女性ホルモンによって体が成長しにくくなったりということが考えられます。

症状が軽い場合、規則的な食事や適度な運動で血行を促進、ストレス解消させる。

お酒、たばこをひかえ、暖かい服装をこころがけてください。

生活習慣を見直すことで治療が可能です。

月経が無い場合、卵巣の機能低下や別の疾患がある場合もあります。婦人科を受診しましょう。

放置期間が長いと、治療しても回復しなくなり、不妊の原因や本当の更年期がきたときより重い症状が出ると言われています。

更年期障害は年齢、性別を問わず起こる病気です。
この10個のチェックをしてみてください。

① 総合的に体の調子が思わしくない
② 自分だけ暑かったり、汗をかいたりする
③ あれ、それなどの言葉を多用する。
④ 仕事や家事のやる気がでない
⑤ イライラしている
⑥ ぐっすり眠れない
⑦ 約束を忘れる
⑧ 趣味に興味がなくなった
⑨ 動機や息切れが多くなった。
⑩ 頭痛、めまい、吐き気がよくある。

0~2つは問題なし
3~5つは少し気を付けて。
6つ以上は要注意。男性は泌尿器科やメンズヘルス外来、女性は婦人科で診察を受けるのがいいかもしれません。

更年期障害は病気です。

きちんと病院にかかって、自分の体を元にもどすことが大切ですよ。
______________________
スポンサードリンク




______________________
10代、男性の更年期障害?10個のチェックで調べ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。