So-net無料ブログ作成
検索選択
熱中症症状の対策!梅雨に急増。簡単予防法を伝授! ブログトップ

熱中症症状の対策!梅雨に急増。簡単予防法を伝授! [熱中症症状の対策!梅雨に急増。簡単予防法を伝授!]

梅雨の時期に急増する熱中症。

夏の前に暑さに慣れてない体は熱がこもります。
__________________________________
スポンサードリンク




__________________________________

急な気温の変化に順応できず、体温調節ができないのです。

梅雨だからといって油断していると、熱中症の症状が出てきますよ。

湿度が高いので、汗が蒸発しないので熱がこもるのです。

人間の体はデリケート。

自ら汗をかかないと熱中症となってしまいます。

汗のかき方は?

一日一回汗をかく。

朝か夕方に散歩、ウォーキングをする。

いつもよりもぬるめのお風呂に入って、ゆっくりつかってください。

これだけでも大分ちがいます。

水分と塩分は?

梅雨の時期は腸の働きが低下するので、水分を吸収する力が弱くなります。

飲んでもあまり吸収されないかもしれません。
__________________________________
スポンサードリンク




__________________________________
簡単に食べる予防法

梅干しヨーグルト

毎朝ヨーグルト100gに叩いてつぶした梅干しを入れます。
よくかき混ぜて食べてくださいね。

塩分+乳酸菌新陳代謝アップ。

ダイエットにも良いですよ。

熱中症の症状は、軽いものでめまい、こむら返り、手足のしびれです。

涼しい場所で横になり、水分と塩分をとりましょう。

頭痛や吐き気が出てきたら危険信号。自力で水分がとれないときは病院へいってください。

特に体温調節機能が発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいと言われています。

乳幼児は新陳代謝が活発です。

汗や尿として体から出ていく水分が多いので、いつもより多めに水分をとらせましょう。

うすめたお味噌汁は塩分も水分も入ってますのでお勧めです。

大人でも、手がつめたくなったり、立ちくらみや目眩がおきたらすぐに休んでください。

熱けいれんにも注意。

運動や働いたとき、大量に汗をかいて水分のみを補給すると、熱けいれんが起きる場合があります。

夏はいつもより少し気を付けて塩分やミネラルをとってくださいね。
麦茶と梅干は強い味方です。
__________________________________
スポンサードリンク




__________________________________
熱中症症状の対策!梅雨に急増。簡単予防法を伝授! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。