So-net無料ブログ作成
検索選択
日本人はすりの天国!出かけるときにスられない方法 ブログトップ

日本人はすりの天国!出かけるときにスられない方法とは? [日本人はすりの天国!出かけるときにスられない方法]

日本人は、国内海外に関係なく防犯意識が低いことで有名です。
__________________
スポンサードリンク




__________________

海外に行って「ドラえもーん!」ジャパニーズ?」などと言って日本人を特定し、店に連れ込んでお金を払うまで何人かで囲んでしまったり、地図を広げている旅行客に狙いを定めてスリをしたり。

日本でも電車のラッシュ時に背中にしょってるバッグを切り裂いて財布を盗むという手口が事件になりましたね。

人ごみや海外に行く際のスリに遭わないための注意点をまとめてみました。

すり対策として

お祭りなど、人ごみの中を歩くときはリュックサックやショルダーバッグに気を付けましょう。
背面に回ると、人ごみの中なのでごそごそされても気が付きません。

男性に多いですが、ズボンのポケットに財布を入れない。

服に食べ物を付けられて、気がとられている間にする手口もあります。

女性はカゴバッグやチャックがないバッグは上からハンカチをかけましょう。
中身がまる見えでは『お財布取って』と言っているようなものです。

公園や終電で寝てしまい、起きたら財布が無かったという自業自得の人も。
__________________
スポンサードリンク




__________________
海外旅行でスリにあわないために

乗車券を買うとき、気を取られた一瞬をスリは見逃しません。

使わないポイントカードは家に置いておきましょう。
ポイントカードで膨らんだお財布は、お金持ちのしるし。狙われます。

スマートフォンは海外では大金と同じ。必ずストラップをつけ、首か手首につけましょう。
自撮り棒を使って写メを撮るときにケータイ電話を奪われることもあります。

背広やジャケットは、ボタンをしめるか、簡単には手の届かない場所に貴重品を入れてください。

自分が取りやすいものは、スリから見ても取りやすいです。

買い食いしたい場合、コインは多少取られても勉強代と思えるのなら取りやすいポケットでもいいですよ。

海外では、基本的に手ぶらがおすすめ。
ポケットがついてるベスト(内側にあればなお良い)にお金を分けて入れれば、行きは軽いし犯罪にあう確率も低くなります。

もし、化粧品やガイドブックがないと不安な人は、バッグの中に絶対お財布は入れないでください。

取られても良いものだけバッグに入れて、貴重品は服のポケットへ。もちろん体の全面に入れるようにしてくださいね。

大切なカードは内ポケットや、簡単に出し入れできないボタンつきのポケットにしまいましょう。
ただし、背広の内ポケットはスリにあいやすいです。
ぶつかった瞬間にとる。よくドラマや映画でもある手口ですね。

    ★    ★    ★    ★

いかがでしたか?
イベントや海外、楽しく帰ってくるには犯罪にあわないことが第一です。

皆さんも気をつけてくださいね。
__________________
スポンサードリンク




__________________
日本人はすりの天国!出かけるときにスられない方法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。